敏感肌や乾燥肌の人でも使うことが出来るミネラルファンデーションについて調べまとめました!
手頃価格で質が高いおすすめのミネラルファンデーションランキング

クレンジング要らずのミネラルファンデーションを使うようになってから、ずっと悩んでいた毛穴の黒ずみや頑固な角栓から開放されました!そんな私が初めてのミネラルファンデーション選びのポイントや、使ってみてお勧めのもの、口コミ・評判の良いものをランキング形式でご紹介していきます。

  1. 敏感肌の人に選んで欲しい、カバー力のあるミネラルファンデーション

敏感肌の人に選んで欲しい、カバー力のあるミネラルファンデーション

敏感肌や乾燥肌とは、睡眠不足や偏った食事、喫煙や間違ったスキンケアなどが原因となって水分を失いやすくなってしまった、あるいは水分を与えても維持しにくくなってしまった肌の状態を指します。水分が充分でないと角質層に隙間が生じ、紫外線や化学物質などの外部刺激が侵入、炎症を起こし赤くなったり、痒みや痛みなどの症状を引き起こすのです。

現在「肌に優しいファンデーション」として人気が高まっている「ミネラルファンデーション」ですが、元々は医療の現場で治療後に使えるものとして開発されたのが始まりであるため、先に挙げたような敏感肌や乾燥肌の人でも使うことが出来るという点でも大変な注目を集めています。

敏感肌の人が普通のファンデーションでヒリつきを感じる理由

敏感肌の人が普通のファンデーションでヒリつきを感じる理由

一般的なファンデーションには、収斂剤(しゅうれんざい)と呼ばれる、皮膚のタンパク質に作用して凝固させることで肌を引き締めたり整えたりするための成分が含まれています。多くの場合、収斂剤には「エタノール」というアルコールが配合されており、このアルコール分の持つ「粘膜刺激性」が肌をより乾燥した状態へと導いてしまうので、敏感肌への強い刺激、つまり炎症を起こし赤くなったり、ヒリヒリとした痛みを感じるというケースが少なくありません。

また、水と油のように混じり合わない物質同士や多種原料を混ぜる際に使用する分散剤、溶けにくい材料を溶かしやすくする可溶化剤など、ファンデーションを作るのに欠かすことの出来ない「界面活性剤」という物質も、皮膚の膜を溶かして流してしまうため、乾燥の原因となります。それに加え、角質のタンパク質を変化させ人体に悪影響のある物質まで肌に浸透させやすくしてしまうという問題点も挙げられていますので、特に敏感肌・乾燥肌の人にとっては避けたい成分になります。

そしてファンデーションには皮膚のための栄養分も多く含まれていますので、微生物の汚染を受けやすく、腐敗して成分や色味が変質・変化してしまう恐れがあります。これを防ぐために微生物を殺す薬品「パラベン」などが防腐剤として配合されているファンデーションが多いのですが、パラペンは石油成分の一種で人によっては接触皮膚炎やアレルギー湿疹を起こす原因にもなり得る厄介な物質なのです。

肌負担軽減を追及した結果誕生したファンデーション

肌負担軽減を追及した結果誕生したファンデーション

肌に優しいということで「クレンジングが必要ない」「つけたまま眠れる」と謳われることも多い「ミネラルファンデーション」ですが、主成分である「ミネラル」つまり鉱物・鉱石は、実は昔からファンデーションによく使われている成分です。なので「ミネラルが入っているから肌に優しい」というのは間違いで、「肌に優しくないものを排除していった結果、ミネラルが残った」という認識が正しいのです。

ミネラルファンデーションには認証機関が設けられていないため、成分の一部にミネラルが使われていても、「ミネラルファンデーション」と表記されることがあります。一口に「ミネラルファンデーション」といっても、質の良いものからそうでないものまで様々であるということですね。ですから敏感肌の人で本当に純粋なミネラルファンデーションをお求めの場合には、商品に記載されている成分・原材料表記を確認し、収斂剤や界面活性剤、防腐剤などが含まれていないものを選ぶように心がけましょう。これらが含まれていないだけで、ファンデーションをのせたときのヒリヒリやピリつき、赤みや炎症などはほとんど起こらなくなるでしょう。

敏感肌の人のためのミネラルファンデーションの使い方

敏感肌の人のためのミネラルファンデーションの使い方

ミネラルファンデーションは、最近ではパフタイプのも出てきていますが、基本的にブラシを使うのが一般的です。どちらかと言えば、ブラシはナチュラルで透明感のある肌に仕上がりやすく、パフはしっかりカバーしたいときに適していると言えそうです。

一度にブラシに取る量の目安は、イメージとしては料理の「塩ひとつまみ」程度。これを蓋裏やティッシュの上などにあけ、ブラシに含ませます。この際、ブラシの表面だけに粉がついている状態ではなく、中のほうにまでしっかり含ませることで肌に均一にのり仕上がりがより美しくなります。

肌にのせる際には、クルクルと円を描きながら、小鼻から頬骨へ、内側から外側へ動かしていくと良いでしょう。こうすることで色々な方向からブラシを滑らせることが出来るため、毛穴カバーに効果的です。

カバー力が欲しい人は、これを2、3回繰り返します。必ず一度にブラシに取る量を守り、含ませすぎたり肌に押し当てすぎたりしないように注意して下さい。敏感肌で、特に肌に赤みや炎症が見られる人の場合、強い刺激で症状が悪化してしまう場合があります。柔らかいブラシを用いて、撫でるようにのせてゆきましょう。

敏感肌の人に選んで欲しいミネラルファンデーションは?

敏感肌・乾燥肌・アトピー肌の人がヒリヒリや痛みを感じる成分「収斂剤」「界面活性剤」「防腐剤」などが含まれていないミネラルが主成分のミネラルファンデーションは、肌トラブルをお持ちの人にも安心して使うことが出来ます。また、炎症が酷く赤みやくすみが気になる敏感肌の人は「肌に優しい」ことに加え、こうした肌トラブルをキレイに隠すことが出来る「カバー力」も大切ですね。

レイチェルワインのミネラルファンデーションは、化学物質や化学添加物はもちろん、油分やアルコール分、防腐剤や界面活性剤などの「肌トラブルの原因となる成分」を一切カットしているため、敏感肌・乾燥肌・アトピー肌の人には特にお勧めのファンデーションです。

また、圧倒的なカバー力で、パウダーとは到底思えない、リキッドファンデーションのような透明感のある仕上がりを実現しています。赤みやくすみが気になる敏感肌の人にも安心して使える上に、機能面でも大変満足のいくミネラルファンデーションになっているのが嬉しいですね。

そして、敏感肌・乾燥肌・アトピー肌の人にとって、肌への刺激にもなり得るブラシやパフの質というのも見落とせないポイントになりますね。レイチェルワインのミネラルファンデーション専用ブラシは、こうした肌トラブルに悩んでいる人にも優しい触り心地で、耐久性、低刺激にとことんこだわった高品質です。是非一度チェックしてみて下さいね。

ページのトップへ