ミネラルファンデーションとミネラルオイルの違いについて
手頃価格で質が高いおすすめのミネラルファンデーションランキング

クレンジング要らずのミネラルファンデーションを使うようになってから、ずっと悩んでいた毛穴の黒ずみや頑固な角栓から開放されました!そんな私が初めてのミネラルファンデーション選びのポイントや、使ってみてお勧めのもの、口コミ・評判の良いものをランキング形式でご紹介していきます。

  1. ミネラルファンデーションとミネラルオイルの違い

ミネラルファンデーションとミネラルオイルの違い

似てるようで全然違う!「ミネラルファンデ」と「ミネラルオイル」

「ミネラルオイル」というものを皆さんはご存知ですか?

ミネラルファンデーションを使っている方なら、「ミネラル」がお肌に良いことはすでに十分理解していると思います。しかし、それに伴ってミネラルとついたものならなんでも身体やお肌に良いというイメージもなんとなくお持ちなのではないでしょうか。

似てるようで全然違う!「ミネラルファンデ」と「ミネラルオイル」

ミネラルオイルもミネラルと名のとく製品のひとつですが、実はミネラルファンデーションとミネラルオイルは言葉は同じでも全く別のミネラルのことを指しています。簡単にわけるとするなら、ミネラルファンデーション=鉱物由来、ミネラルオイル=石油由来の成分からできているのです。

なぜ石油由来なのにミネラルとついているかというと、石油が鉱物として分類されているためで、実際にはミネラルオイルはミネラルファンデーションの成分とは全く異なります。ミネラルファンデーションが鉱物を原料としていることに対し、ミネラルオイルは石油を脱色、精製して不純物を取り除いた高純度の油です。

成分が違えば性質も異なり、ミネラルファンデーションは肌の皮脂と馴染みますが、ミネラルオイルは皮脂と馴染むことはありません。この性質の違いにはメリットとデメリットの両方があるので、次で詳しく説明していきます。

「ミネラルオイル」は肌を守ってくれる!

「ミネラルオイル」は肌を守ってくれる!

ミネラルオイルは皮脂と馴染まない、と上で書きましたが、これは悪いことばかりではありません。ミネラルオイルには優れた皮膜作用があるため、肌をコーティングする力は非常に高いです。肌に浸透することがないため経皮吸収の心配もなく、外部の刺激から肌を守るには最も適しているといえます。

また、肌ざわりがよく、酸化しにくいこともミネラルオイルの特徴です。特に密着力があることから、ミネラルオイルを配合した口紅などの化粧品はつきがよくなりますし、色落ちもしにくくなります。こういった性質から、ミネラルオイル配合の化粧品はメイクのしやすさと仕上がりのフィット感に優れています。

知っておかないと怖い「ミネラルオイル」のデメリット

しかし、ミネラルオイルのメリットは同時にデメリットになる要素も秘めています。

ミネラルオイルは通気性0%という高いコーティング力を持つため、毛穴の詰まりにつながる可能性もあります。通気性が低いと皮膚呼吸ができず、肌がざらつく、ニキビができやすくなるなどの心配があるのです。

知っておかないと怖い「ミネラルオイル」のデメリット

加えて密着力もあるので化粧崩れしにくい反面メイクが落としにくく、普段よりも強力なクレンジング剤を使わなければきちんと落とせないことがあります。そうするとどうしても肌への負担が大きくなってしまいます。

また、肌の皮脂と馴染まないということはコーティングを全てミネラルオイルに任せてしまうことになります。なので頻繁にミネラルオイルを使っていると自分で皮脂を分泌する能力が下がり、皮膚の新陳代謝が低下してしまいます。乾燥肌の人は特に、肌がますます乾燥しやすくなることもあるので注意が必要です。

ミネラルオイルにはこうしたデメリットもあるので、使用するのであれば短期間とし、長期的な使用は避けることが望ましいでしょう。

ページのトップへ